Takirenのデジデジブログ

デジタルなものやアニメが大好きな平凡すぎる高校生のブログです

気軽にコメントしていってください!
Twitterでも気軽に絡んできてください!

最近、XPERIA XZsの保護ガラスを張り替えました、たきれんです。

前まで使ってた300円ぐらいの保護ガラスが学校の鞄の中で水筒に圧迫され割れてしまったので、新たなガラスを探してたんですね。
201802192

 

しかし、困ったことに、有名メーカーから一切ガラスが出ていない!

レイ・アウトとかは聞いたことある、と言うより今使ってるケースがそこなんですけども、あまり評判が良くなく、安心できるメーカーの保護ガラスが、XPERIA XZsですら存在しないとは…

201802199
見事に有名どころが無い!!

 

途方に暮れながらも、いろんなメーカーのガラスを探してみたものの、結局は知らないメーカーでも試しに買うしかない、という諦めがついてしまい、せっかくなので全面保護ガラスを買ってみることに。

 

何を言おう、XPERIAXZからデザイン上、淵が丸まってしまっているのです。

IMG_3295

つまり、普通の保護ガラス、フィルムだと境界が丸見えのダサい状態なわけです。

僕はケースを付けているので大丈夫ですが、裸族なら淵からバキバキいくことが良くあるらしいです。

 

この困ったデザインですが、何より問題なのがケース干渉が起ってしまうということです。

ケースが干渉して、せっかく張ったフィルムが剥がれてしまうということがあって、実際にGalaxyNote8を買った友人もそれで一枚ガラスを無駄にしてしまったのですが、ケースと言うのも世の中には大量にあるもので、どれなら大丈夫なのか、なんてことははっきり言って分からないわけですよ。

 

ってことで、評価が比較的マシな奴を買おうと思い立ち、Sercouという聞いたこともないメーカーのガラスを買って来てみました。

201802194

よくある9H硬度、割れるけどね。

 

ここでもう一つフィルムについて説明を。

 

ガラスフィルムには全面が吸着面な「全面吸着」、そして、淵だけ粘着面がある「部分吸着」の二種類があります。

画面部分しか保護しないタイプは全面吸着なせいですっかり忘れていましたが、全面保護では基本的に淵にしか粘着が無いんですよ
201802197

 

その結果思いっきりケース干渉を起こしてしまいました、トホホ。

 

2018021910
201802191

とりあえず、新しいのを貼った様子と前のを貼った状態との比較。(ケースは外してあります。)

 

その前まで貼ってた淵は保護できないタイプでは、思いっきり境界が見えててダサいのでたしかにデザインは良くなりましたが、新しい方はほこりの混入が起ってしまった

 

ケースはハイブリッドケースと言って、淵の保護はTPU素材なせいか、どうしても淵の部分のガラスを浮かせようとしてしまうので、そこからほこりがどんどん入っていきます。

201802196

 

さらに、浮いてしまっているせいで、全体的にタッチパネルの感度も激落ちです。

淵の方は強く押さないと反応しないです。

 

別に画面の保護力は変わらない気はしますが、その調子でほこりが入り続けてたら見栄えは悪くなるし、粘着面に付き始めたらそれこそお終いなわけですよ。

 

一応、全面が保護されているので見栄えは良くなってますよ、埃を除いたら。

201802198

ハードケースにすれば少し事情も変わるのかと思ったりはするんですけど、結局出た結論は

「ケース使いは全面保護は辞めた方がいい」

ってことです。

 

ケースによって保護する範囲も変わってきますが、一般的にはXPERIA XZsでは画面の淵まで侵食しています。

 

そこに全面保護を貼るとなると、どうしても淵が干渉してしまうんですよ。

 

もしも裸族、もしくはバンパー族なら全面保護が良いとは思うんですけども、いかんせん良いバンパーも出てないですしね

 

ケースを使うなら、大人しく淵は保護しないタイプをお勧めします、って言いたいところですが、これにも難点があって、「安いやつだと端が浮く」という困ったことが起るんです。

 

ほら、端に気泡入ってる!
201802193

 

ちゃんとした一流アクセサリメーカーが出してくれないおかげでアクセサリ問題が発生してしまうのですよ

 

各メーカーもiPhoneなんかにばかりアクセサリを作らずに、XPERIAに作ってはいかがでしょうか

 

SONYがちゃんとXPERIAに愛を持って開発してくれたら状況も変わる気もしなくはないんですけどね

 

 

ってことで、

今回はガラスフィルム選びで大きくミスをしてしまったわけですが、画面保護のことを考えるとXPERIA XZsは手帳型ケースが良いのかもしれません。

良さげなケースも無いんですけどね。

 

一番いいのはSONY純正のXPERIAケースなのかなと思ったり。

透明のフリップカバーが付いていて、防水も保証されるケースなんですけど、値段が高すぎて手が出せませんね

6000円は流石にキツイ!

 

 

こんだけ色々書いてしまいましたが、おすすめのXPERIA XZsの保護ガラス、ケースなどがあったらTwitterやコメント欄で教えてくださるとうれしい限りです。

 

そしてXZs向けアクセサリーを作ってるメーカーさん、もしも見ていらしたら

「うちのメーカーが最強じゃああああ」

みたいなのあったら是非ともレビューさせてくださいなんちゃって。(←傲慢すぎる)


前回はRoot化の作業をしたので、次はCWMの導入をしていきます。

 IMG_4027
↑こういうやつ

CMWとは何かというと、Androidの起動前に色々できるようにするためのツールです。
つまり、端末の内部を色々弄れるので最悪文鎮を生成できます

 

最近はCMWの後継に当たるTWRPもありますが、AXの頃はまだまだCMWが標準なのでそのまま行きます。


当然、今回も自己責任でやってください。(こちらでは一切責任を負いません。)

 

今回はUSBドライバーの導入が必須なので、Googleのページから落としておきます。

僕は古いバージョンのAndroidStudioに入っていたので追加でインストールはしてません。

 

そして、AXにはBusyBoxをインストールしておきます。

僕みたいに軽量化だけが目的な人は何かは知らなくて結構です、多分。

 

どっちも導入が終わったら、次はCWMを使えるようにするためのツールを落としてきます。
キューブ実験室さんで紹介されているツールですが、これを使って導入をしていきます。
今はもっと新しいバージョンもあるのかも...

 

落としたら解凍、そしてAXを接続してinstallをクリック。

スクリーンショット (89)

コマンドプロンプトが動いて、AXが再起動します。

 

その時に、XPERIAの表示が出たときに、「ブルッ」と一回振動して、通知ランプが青色に光ったら導入成功です。

IMG_4117

青く光っている間に音量下ボタンを長押しすると、CWMに入ることが出来ます。

 
IMG_4025

これでシステムを丸ごとバックアップできるようになります。

さらに、カスタムROMも端末だけで導入できるようになります。

 

CWMを導入して何かが起こるわけでは無いですけど、これで色々弄れるようになったわけです。

 

今回はカスタムROMを導入する予定はないので単純にシステムのバックアップを取るために使うことになります。

 
普通に再起動するには、「reboot system now」を選択して、次に「Go back」を選択すれば再起動が行われます。

CWM使用中はタッチパネルは使えないので、音量ボタンでメニューの上下移動、電源ボタンで選択、という操作になります。

更に、端末の色々を弄るものなんで、取り扱いには十分注意しましょう。設定間違えたら平気で壊れるから恐ろしや()

今回のツールを使うことで、端末単体でCWMを呼び出せるようになります。
つまり、リカバリを書き換えてしまってるわけですが、まあ便利なので保証は捨ててしまいましょう。IMG_4117

 

ちなみにですけど、僕の環境下ではCWM導入後、内部ストレージが全く読み込めなくなってしまうバグが発生しましたが、これもストレージをマウントし直すことで何とかなりました。

 

次はキャリアプリインアプリを消していきましょう!

ここに載ってる内容は完全自己責任でやってください。

 

前回は端末の外側の修理をしたので、ようやく中身を弄っていきたい(ほとんどツール任せ)と思います。

 

まず、Rootを取らなければ話が始まらないので、取りあえず初期化してしまいます。
Screenshot_2018-01-25-21-57-57


たまーにRootをそういう機能の名称と勘違いしてる人もいるらしいのですが、正確には管理者権限のことなんですよ。

本来はユーザーにはRoot権限を与えられていないのですが、その権限を奪取して改造可能な状態にかえてしまう、それがRoot化なのです。

Rootを取っても何かが起こるわけでは無く、そこから改造することに意味があるということですな。。

 

初期化は20分ぐらいかかるので、充電器に挿して放置しましょう。

 

 

初期化が終わって初めの設定ですけど、取りあえず全部スキップ。

 

ここからいよいよツール任せです。

 

まずはXPERIA AXのファームウェアのバージョンを確認。
ビルド番号が9.1.C.1.186だとアウトです。
Screenshot_2018-01-25-22-35-23

最新版だとツールが使えません。

その場合含めて、キューブ実験室さんがまとめてくださっていますが、簡単に言うと、Flashtoolで昔のバージョンを焼いてしまうことで、対処します。

 

次に、同じくキューブ実験室さんのHPからRoot化キットを落としてきます。

ウイルスを検知したって出てきますが、スキャンしても出てこないので、安心してそのまま続行してください。

 

そして、ここで一度パソコン側がadbコマンドを使えるか確認してください。
確認方法はコマンドプロンプトで「adb」と打って実行するだけです。
画像みたいになったらOKです。
スクリーンショット (43)

基本的にはAndroid Studioを入れておくと、後々開発などでも使えて便利ですが、世の中にはadbだけ使えるようにするソフトもあったりするので、そのあたりはお好みで。

 

 

次にXPERIA AXの開発者モードをオンにして、USBデバックをオンにします。

そして、セキュリティの設定から「開発元の不明なアプリの~」を許可。

念のためにスリープまでの時間も最大に変えておきます。

 

準備が終わったら、AXをパソコンに繋げて、Root化ツールのフォルダの中にある「install.bat」をダブルクリック。

スクリーンショット (42)

 

コマンドプロンプトが動いて全部進めてくれます。

 

All finishuと表示されたら、端末が勝手に再起動するので、しばらく待ちましょう。

 

再起動すると、そこには「Super SU」がインストールされた状態で起動している、はず。

Screenshot_2018-01-25-21-58-49

 

これでRoot権限が取れているはずです。

 

その後は「ESファイルエクスプローラー」を入れれば大体完了です。

 

自動ツールのお陰でなんとも楽に進んでしまいました。

 

ありがとうございます、キューブ実験室さん!!

 

もちろんのことですが、これらの行為はキャリアやメーカーなどでも禁止されている行為なので、これらの行為が原因で端末の故障、パソコンの環境の故障が発生しても、当方ではなんらの責任も負いません。

当然、ツール開発者の方々も責任を負いません。

完全自己責任でやってくださいね!(お決まりのやつ)

 

ここまでわざわざ読んで怖がる人の方が少ないと思いますけど、自己責任と言う言葉が苦手な人は止めておきましょう。

 

次は、CWM「正式名称:クロックワークスMod」という物を導入していきます。(これもRoot化をしたらお決まりの奴ですね。)

去年の8月だったと思うのですが、日本橋を散策していた時に、イオシスでXPERIA AX1980円で売られていて、使う予定もないのに買ってしまったんですよ。

 

当然のごとく、引き出しにてずっと眠っていたのですが、最近夜にネットをするとき、Youtubeを見ながらネットサーフィンをしたいというダメダメな考えが働いてしまい、ネットサーフィン用に「使ってないAXがあるじゃないか!」となってひとまず標準状態で使ってみたのですが、これが重い、重すぎる!

 

ということで、動作軽量化も含めてRootを取って色々遊んでいくことにしました。

 

今回は中身を弄る前に、買った時から困っていた、「USBの蓋が閉まらない」問題を何とかしていくことにします。

取りあえず、使う用具はこの二つ
IMG_4718

 

まず、XPERIA AXの評価は

・発熱が凄い

・バッテリーの減りが早い

・蓋がすぐに壊れる

・性能が低い

 

等々、あまりよろしい評判が無いのですけど、買った時点で蓋がきちんと閉まらなくなっていて、原因を調べてみると

「蓋の中のゴムが切れている」

IMG_4622

というなんとも直すのがめんどくさそうな状態でしたが、たまたま瞬間接着剤があったので、爪楊枝を使って深夜(1230)に頑張って修理してみました。

IMG_4625

そもそも中のゴムが剥がれ落ちかけていたところもあったので、そこも含めてしっかり接着していきます。

 

あくまで蓋が閉まるようにするだけなので、千切れかけていた部分が引っ付いている・蓋にしっかりとくっついているのを確認できるぐらいべったりつけてしまいます。

蓋なんてそうそう見ないから汚くても多少大丈夫でしょう。

 
IMG_4628

一応くっついたことを確認してからも、1時間ぐらいは蓋を開けて放置して固めると、普通に閉まるようになりました。

 


IMG_4712

しかし、しばらくして蓋自体が取れてしまったので、またまた接着剤を使ってくっつけていきます。

 
これもたっぷりと塗り固めないとすぐに外れます...

IMG_4725

これでほんとに蓋の修復完了しました(多分)。


IMG_4726
しっかりと閉まらなくなりましたけど(えっ?)

瞬間接着剤は、気を付けないと皮膚持っていかれるので、常に細心の注意を払わないとですね。

IMG_4717
画面に皮膚が引っ付いたの図。

 

次からは、性能的にだいぶ古いXPERIA AXをネットサーフィン程度なら軽くできる状態へ改善していきけたら良いな...なんて思ったり。

2017年も今日が最後と言うことで、改めて一年早かったな、と思いました。

来年で高3と言うことで、今の困ったことと言えばKSL2018は確実に行けないってことですね。

サカナクションは行く気満々なんですけどね(自殺行為?)

 

受験はもうどうしましょ

 

そんな僕ですが、今年買ったものの中で一番良かったものを探そうかなと思いまして、大晦日にパソコンを開いているわけです。

 

まず、今年あった個人的な出来事の一部を振り返ることにします。

 

1月は何買ったか記憶が全くないですね

何も買わないはずはないので、多分ごちうさのキーホルダーか何かを買ったはず

 

2月も…何買ったんでしょうね

あえて言うなら自分の誕プレにイヤホンを買いましたね

この頃はRewriteと政宗くん、そしてこのすばを観てた記憶はあるんですけど他はさっぱり

 

3月は今でもアクセスが多いuniADVANCEを買ってますね。
IMG_2802

ホント、どうして今もアクセス多いんでしょうね。

 

そしてSiMという有名なバンドのライブにも行きました。

サカナクションのライブに行けなかった腹いせにあんまり曲も知らないのに行ったわけですが、大変楽しいライブでした!

 

4月はごちうさのグッズでちょっと出費がありましたね。

 

クラス替えでも気が合うオタ仲間たちと同じクラスだったり、色々問題児が多いクラスで問題が多発だったりと、普通の高校生活が始まってましたね。

 

5月はやっぱりXPERIAを買ったことが大きいですかね。

まさかここまで癖ある端末だとは思っていませんでしたけど、まあ気にしてたら使えないですもんねとか言える人間でいたかったですね。

 

ほかにはRewriteを買ってますね。

rewrite08

時間無さ過ぎて全然遊べてませんが。

(時間の絶対数が少なすぎるんで、そもそも時間を捻出できないんですよ、とほほ。)

 

6月はAnkerの5ポート充電器をようやく買ったことで机の上がより乱雑に見えるようになりましたね。

 

他にも、久々にサカナクションのライブに行って筋肉痛になってますね。

グッズでお金がかなり飛んでますけど、シャツを買わない選択肢が無くなっちゃいましたね。

大学生になったらいろんなバンドのライブに行ってみたいですが、サカナクションだけは放せませんね!

 

それとようやくXPERIAの周辺機器を買ってますね。

やっぱりリングは最高です。
IMG_3283

 

7月は研修旅行で北海道に言ってましたが、北海道はのどかでいいですね。

何故か大阪よりめちゃくちゃ暑かったんですけど(初日から30℃超えでガイドさんもびっくりしてたという)

 

買ったものと言えばリトルバスターズ!エクスタシーですかね

IMG_4704

リトバス10周年記念の一挙放送を観てたら涙が止まらなくて、結局ポチっちゃいました。

鈴の1週目から見悶えながらも、共通ルートが楽しいですねー

 

「俺製マッスルエクササイズドリンクだいや、待てよ、俺製マッスルエクササイザ―の方がカッコよくないか!?」

「断然マッスルエクササイザ―の方がカッコいいと思います!」

「だよな!」

 

これが通じる仲間がいないなんてそんな理不尽なことありかよ

 

一方Rewriteは止まったままですね...精進いたします()

 

8月はラノベに手を出してしまいましたね

IMG_4703

緋弾のアリアのアニメの続きが知りたい、という一心で買い揃え始めましたが、中古で買おうがとにかくお金がかかりますね

ちなみにレキが可愛いと思います。

アニメだけだと可愛さが分からんでしょうが、アニメの続きらへんから、レキの可愛らしさが出てきます。

とにかく、あんなことやこんなことに耐えれるキンジの鋼の精神はすさまじいの一言ですね。

 

他にもはがないも買いましたが、平坂先生の「妹さえいればいい。」が日常系なのに面白すぎて、はがないはいまいち、って感想になっちゃいました。

 

それとシュタインズゲートを観終ったので、ゼロも買ったんですけど、まだ開けてません。

何とかしなきゃですね。

 

9月もラノベ買いまくりでしたね。
IMG_4705

木緒なちさんの「ぼくたちのリメイク」で初めて筆者買いをしたわけですけど、これが面白い!

しばらく後に買った3巻も終わりの展開がもう、面白いの一言。

貸してやった友達も授業中に読み終わると、「これは面白いぞ!」と驚いてましたね。

早くあおかなをやりたいと思いつつも、学園祭でヒャッハーして熱中症になりかけたり、男子校でも楽しく生きてます。

 

10月はサカナクションの大阪城公演に行きました。

もう、最高という言葉しか出てこないんで、詳しく書いた投稿があるのでそっちへGO

 

あとはアズールレーン始めましたね。
Screenshot_2017-12-24-23-31-40

ひとまず7章を終わらせたいところですね。

 

11月はごちうさの映画を観に行ってますね。

アクリルパネルは未だ飾ってないんですけどね。

ちなみに、ラノベばっかり買ってたらすぐに読み終わるということで、探偵ガリレオシリーズを家から持ち出して読んでたんですけど、短編なこともありサクサク読めて面白いですね。

 

後はキャラワンとかで販売されてたKeyグッズを公式通販で買いましたよ。

DSC_1162

友利のタペストリーと鈴美魚クドの3人のミニバッグです。

 

次に公式通販使うのはC93の事後通販でしょうか。

 

12月は買い物自粛を心掛けたこともあり、Bluetoothイヤホンとちゃんとしたケーブルぐらいしか買ってませんね。
IMG_4686

 

荒野行動も本家PUBGをやってみたい衝動が更にきつくなってしまいましたね。


あとは、ひっさびさに赤点をゲフンゲフン。

 

ってことで、1年通してそんな大きな買い物はしてないんですね。

 

個人的にあった出来事は、話せば多すぎるし、ブログに書くのにはふさわしくないネタだらけだし掘り返さないのが吉でしょうね。

 

じゃあ、さっさとベストバイを書いて終わりにします。

 

ずばり、今年のたきれん的ベストバイはー

 

しゃらららららーうーうぉー

 

AnkerPowerPort5
IMG_4700

 

今年買って一番気に入って使ってるものと言えば、断然これですね。

 

XPERIA XZsも愛用してますし、全然いい買い物なんですけど、一番素晴らしい買い物は断然充電器です。

 

今はこれにちゃんとした充電ケーブルを挿して、立派な充電ステーション()が出来上がっています。

 

今年を振り返ると、ありとあらゆることが中途半端で終わってるので、是非とも一つのことに集中して打ち込めるようになりたいなと思ったり。

宿題が多い多いと嘆く前に諦めてみるのもありだなと最近思ったりしますが、今はやってるゲームにしても色々ありますし、本格的にPCの勉強をする時間をしっかり捻出していきたいですね。

それも趣味ってレベルだけじゃなく、もう少し上に行けるぐらいに。

 

問題は、来年は受験生なのでそんなことをやってたら死んでしまうということですが、アニメも極力絶って、早くリトバスの鈴2週目(アニメでも超鬱展開だったところね)も終わらせてしまいたいですね。

 

さて、来年は人生で初めてPC向けのゲームを新品予約して買うことに決めていたりしますが、受験生と言うことで、あまり大きな買い物はしないはずですし、大学に現役合格して大きな買い物をしたいところですね。

 

来年もぼちぼち更新していけたら良いなーと思いつつ終わりたいと思います

先日はクリスマスと言うことでサンタさんからプレゼントが来ましたなわけないたきれんです。

 

この前のサイバーマンデーで少しだけ安くなっていたので衝動買いしてしまったAnkerSoundBuds Slim+が先週やってきました。

つまり、今年もサンタさんは自分自身と言うことです。
ゲームのようにかわいい女の子がサンタコスで迎えてくれる的展開なんてあるわけないのです。
 

届いてすぐのレビューじゃなくて、一週間じっくり使ってから書こうと思い、一週間使い倒したので、感想、そして前回の投稿でボロクソに書いてしまったSoundBuds NB10(今回買ったやつより大分古いモデル)と比べて書いていきます。

 

まず、値段ですがセールで2399円で売っていたので買いました。

 

このイヤホンを選んだ一番の理由、それはApt-Xに対応していることです。

 

Bluetoothのオーディオの規格には色々あって通常の規格では音も悪い、ノイズも多いという状態なのですが、Apt-XACCといった規格があって、双方(端末、イヤホンお互いとも)がその規格に対応していれば、通常よりも音質が良くなるという機能があります。

詳しく書いていらっしゃる人は多いので、ネットで調べればどういうことか詳しく分ると思います。

 

そして、僕の相棒XPERIA XZsApt-XLDACという二つの規格が対応していて、LDACSonyの独自規格、故にめちゃくちゃ高いモデルにしかついていないので、今回はApt-Xに対応しているイヤホンにするぞ!と思っていました。

sony_mdrex750btr
↑h.earシリーズの高いやつ

しかし、できればまたAnker製品にしたいなーという謎のAnker好きを拗らせてしまったのですが、なかなかApt-X対応イヤホンが出てこなかった中、最近になってようやく3製品ほど出してきたので購入にいたりました。

 

ちなみに、iPhoneの場合はApt-Xには対応しておらず、AACというApt-Xと同程度の音質規格にのみ対応しています。

og

つまり、Apt-Xにのみ対応していたら音質が悪いままと言う!

 

 

それでは、まずSoundBuds Slim+の開封の儀の様子を。

IMG_4656

なんか箱が無性にダサい

開けたらポーチがお出迎え、ポーチデカい!

IMG_4658

ポーチをどけて、その下にはケーブルと交換用イヤーピース、その他もろもろ。

IMG_4660
 

早速ポーチからイヤホンを取り出します。

IMG_4662


IMG_4687
全体的に高級感が漂っていますよ(2399)

金属感のある重めのパーツが使われているだけでこんなにもお洒落っぽく見えるものなんですね。

耳から落ちないようにする何か(名前忘れました)もついているからか割と大きめです。

IMG_4668

 

マグネット付きなので、首からはネックレス風に掛けれます。
IMG_4684

前使っていたSoundBudsNB10は首に掛けるというか、置く感じだったので、どうしても梅田とかに行くときは落とさないか心配でしたからこれはかなり嬉しい機能です。

 

USBポートの近くにSlim+の字が。
IMG_4664

このタイプの蓋ならえぐれない、はず

 

 

では、一週間使い倒した感想を。

・音質めっちゃいい
IMG_4678

ホワイトノイズはほんの少しだけ乗りますが、体感的には友人の持ってるSonyh.ear(LDAC対応のめっちゃ高いやつ)と同等レベルのホワイトノイズの少なさです。

そして、Apt-Xの恩恵か音はきめ細やかです。

Sony2000円程度の有線イヤホン(MDR-EX155)に劣らない音質でしたし、個人的には家の中でも不満なく使えるレベルの良さだと感じましたね。

 

無線で有線と劣らないレベルって、YouTubeとかアニメ見る程度なら線がない分SoundBudsSlim+の方が断然良いっすね。

 

ただし、音ゲーだけは全くもって無理ですね。

ラグが1秒ぐらいあるのは宿命ってことですね。

IMG_4669
↑豊富なイヤーピース

NB10は音ズレは同じ程度だったものの、音質が糞と言っても過言では無かったのでこの点は良いんですけども、こっちはカナル型でずっぷり奥まで入るのでその点もGoodですな!

 

・操作方法が変わってる
IMG_4679

大抵のリモコン付きイヤホンは

「再生ボタン二度押しで一曲スキップ、三度押しで一曲戻し」

ですけれども、SoundBudsSlim+

「音量大二秒押しで一曲スキップ、小二秒押しで一曲戻し」

に変わっていて、再生二度押しは「Googleアシスタント、Siri等の起動」になっています。

そこで若干慣れるのに時間がかかりました。

 

・ボタンの反応が若干悪い

これはあくまで個人的感想ですけど、ボタンの感度が少し悪いな、と。

再生ボタン押したのに停止されないな、といった感じが何度か起こっています。

それにあまりボタンも強度がなさそうなので、結局は安いからまた買い直せばいいや精神で思い切ってボタンを押せということですね。

 

・首に掛けるか悩んでしまう

本来この手のイヤホンは、首の後ろに通して使うのが正解なのですが、そうすると電車で座っているときに膝に置いていたリュックを肩にかけ直したりするときに、イヤホンが引っかかって落ちかけてしまったんですね。

ただし、前に掛けていると、せっかくのマグネットで前止めができなくなるのも悩ましいです。

結局は後ろ掛けに落ち着くわけですが、リュックで落ちるのを防ぐ方法が一つあって、それが付属するストッパーを使うことですけど、これでもマグネット止めが使えなくなるのでえ結構悩んでしまいますね。
IMG_4667

リュックかけるときに気を付ければいいだけじゃないか、って言っちゃえばそこまでです。

 

・線がやっぱり細い
IMG_4680

前使ってたのが線が太かったせいか、余計線が細く感じてしまいました。

本来断線とは無縁なはずの無線イヤホンで断線を心配してしまうという謎現象が発生してしまいました

そこは断線しないように色々考えられてるかもしれませんが、負荷はかけないに越したことは無いですね。

 

 

一応、一週間使い倒した感想は以上です。

 

やはり、一番うれしいのは音質が良いってことですね。

ほとんどの用途で使っても不満が無いというのは非常にうれしい限りです。

これで2399円で手に入ったていうのはとても満足な結果です。

IMG_4686

ただ、やはり2399円(定価は3499円)なので残念なところもあったりしますが、音質が良いので全部許せそうですね。
わがままを言うと、ノイズキャンセリングが欲しかったな、と思ってしまいますけど、そもそも有線のノイズキャンセリングすら買ってないので先にSonyのちゃんとした奴を買いたいですね。
XPERIAについてくれれば良かったのに、やっぱりSonyはケチ臭い企業ですな。

 

一か月たてば感想がどう変わるかは知りませんが、満足して使い続けていければ嬉しいですね。

 

クリスマスにアップしようとしてずいぶん遅れましたが、良い買い物出来て良かったです。

 

それに保証も18か月あるので、その点も安心できますね。

 

やっぱりAnkerってイイね、とか書こうとしたら昨日あたりに完全独立型が出て腹立たしく思ったりしますが、そのうちAnkerスマホ事業とか始めそうで怖いですよね。

出たら一台欲しいですね(いや、出ないだろ!)

 

以上、Anker SoundBuds Slim+のレビューでした。

Amazonの商品リンク貼っておきますが、いつもセールやってる気が...)


このページのトップヘ