Takirenのデジデジブログ

デジタルなものやアニメが大好きな情報系学科の学生のブログです。

Twitterとかでも気楽に絡んできてくださいね

ゲーム機買い替えたいなーとか言いつつ、一向に買う気配を見せないたきれんです。

先日、遂に待ちに待ったSwitchの廉価版、「Nintendo Switch Lite」が出ました。

 201907112

いやー、出るの楽しみにしてたんですよ…してたんですよ...

 

期待外れすぎた

 201907111

Switchとの違いは?

公式ページにも載っている通り、Joy-Conは外れなくなりました。

まあこれは別にいいです。外れたとしても一人でしか遊ばなさそうですし(えっ)

 201907114

ディスプレイは7.0インチから5.5インチに縮小。解像度は1280×720と変わらず。

 

値段は1万円安いです。

 

そして今回個人的に一番残念なのが、テレビ出力の廃止。

 

Switchする要素が無い!

Switchって個人的には1台で「据え置き」「携帯機」の二つの状態に切り替えれる点が最大の長所だと思っています。てか、多くの人がそう思っているはず。

 201907118

だけど今回のSwitch廉価版は携帯のみです。

切り替えれないです、「Switch」しないです。

 

 

・どうしてテレビ出力を…

おそらくですけど、Switchって7インチだったりと携帯機として使うにはちょっと大きいから小型版を出せば売れるのは間違いない、って言っていいと思います。

 201907115

ただ、そうすると元のSwitchが売れなくなる...だったらテレビ出力省いて位置付けをしっかりしてやろう、みたいな。(憶測ですよ、憶測)

 

映像出力省くだけでそんなにコストダウンを図れるとは思えないんですけどね。

 

一つ気になるのはドックを付けないから出力無しなのか、そもそも出力機能をぶっ殺したのか。

書き方からするとそもそもの機能を殺したんでしょうけど。

 

・客層は明らかに「子供向け」

自分が不満持つ理由はおそらく、任天堂の狙う「客層と違う」からなんですよ。

 

自分みたいな少しお金に余裕出来たり、息抜きじゃなくてしっかりゲームやりたいなー、みたいな年齢層向けじゃないんでしょう。

(ちなみに管理人はSwitchを買う余裕は一銭も無いです、酷ぇ)

 201907116

それはカラーリングからも明らかですよ。

可愛らしい、明るいカラーリングですし、無印Switchみたいな落ち着いた色が無いです。

個人的には惹かれないカラーリングですね(聞いてない)

ポケモン特別版カラーも出ますね。

 201907113

そして値段はVitaと同額、安くは無いけど高すぎない金額。

 

対象とする客層は高校生以下ぐらいなんでしょう。

 

自分の部屋があっても無くても、自分専用テレビなんてそうそう無い、そんな環境ではテレビ出力も要らんのでしょう。

 

・もうちょっと安ければ…

2万円という値段は予想できてたんですけど、テレビ出力削ってこの値段は…ちょっと…高い(個人差あり)

 201907117

仮に3DSからの買い替えも狙うのなら、もうちょっと安い方が良い気もしますけど、性能が段違いですしそんなに望めるものでもないですね。

 

果たしてスイッチ要素が無くなったSwitch2万も払えるのか…

 

・結論

Switch Liteは小型版というより「廉価版」ですね。

3DSに対しての2DSであって、DSに対するDS Liteでは無いです。

ガチで持ち歩いて携帯機としてだけで使っていくならいいとは思う、というかそのためのモデルなんでしょ。

 201907119

テレビ出力が無いことだけがとにかく痛い、痛すぎる。

これでテレビ出力機能が切られていないのなら文句なしなんですけどね。

 

大画面でゼルダをやりたい、マリカーをやりたい、テトリスをやりた…テトリスは画面小さくても十分ですね。

 

もうぶっちゃけ「テレビ出力のみ」のSwitchを出しておくれ(スイッチとは?)

それで1万円とかどうでしょう、ダメですか、ダメですね。

 

・結局買うの?
2019071110

これはいつも通り「金が無い」です。

もう何回この言葉を書いてるの?って感じですけど、恥ずかしながらまだお金がたまってないんです。使ってないのにね。

 

買うとすればもうちょっとお金貯めて普通のSwitchを目指しましょうかね…

 

サイズ的にはLiteが欲しいけど、映像出力が省かれていることがとにかく痛すぎる。

それで税込み2万ちょいっていうのは…高い、高い気がする。

 

ソフトは面白そうなのが色々あるから早く欲しいんですけどねぇ。

 

ThinkPadX280を買った時に4TBのHDDを買いまして、大容量ストレージ生活を送っていたのですが、この大容量ストレージの購入にはしっかりと理由がありまして…

201907071
前PCの1TB近いデーターを入れても平気というのは当然ですけど、MacbookAirのバックアップ、TimeMachine用のストレージとしても使おうということで買いました。

ただ、TimeMachine用の領域っていうのは当然Mac用のフォーマットにされてしまうわけで、データ用ストレージとして使うことはできません。
そこでパーティション分けしてデータ用ストレージとしても、1台のHDDで済ましてしまおうというのが今回の主題です。
なおかつ、今回はWindowsPCでも同じHDDを使うということも目的の一つとします。

手順①
MacにHDDを接続する。
201907082

手順②
ディスクユーティリティーでHDDをフォーマット


手順③
Mac上でディスクを2分割し、片方をexFAT、片方をMac専用フォーマット(MacOSジャーナリング、もしくはATFS)でフォーマットする。

201907085
201907084
自分は今回3.5TBと512GBの二つに分けました。

手順④
TimeMachineの設定を開いて、バックアップディスクに設定。
201907086

設定は環境設定の中にあります。

自分は512GBの領域の方(Mac用にフォーマットをかけた方)をTimeMachine用領域に設定しました。

手順⑤
あとはバックアップが終わるのを待つだけ。
初回はしっかりとUSB3.0接続なのにも関わらず、6時間とかかかった気がします。寝てる間放置です。

201907087

以上の手順でWindowsでもMacでも使えるデータストレージ、そしてMac用のバックアップストレージを一つのHDD内に作ることができました。

で、自分が強く言っておきたいのが「フォーマット&パーティション分けはMacでやること」です。
この点で自分は結構大きい躓きをしちゃったので。

ここからはWindowsでパーティション分けをやったらどうなったか、を書いていこうと思います。
最初Windows機(ThinkPadX280)でディスクの管理からフォーマット&パーティション分けを行いました。

201907081
201907083

一応両方ともexFATでやったんですけど、これをいざMacに繋げると、小さい方のパーティションがうまく読めない。
Mac側でフォーマットができないんですよ。

PowerShellからDiskPartを試したり、色々やってもどうもフォーマットができない。

結局HDDに入れていた800GBのデーターを一度Macでフォーマットして、上の手順でMacでフォーマットしてやると普通に共存可能になりました。


ということで、
・WindowsとMacの両方でデータ用ストレージ
・Mac用のTimeMachineとしても使いたい

という要望を一つのHDD上で済ませたい人は、是非試してみてください。

調べてもこんなヘンテコな需要なかなか見つからないので今回は書いてみました。

(ちなみに周りにこれいいぞ〜って勧めたんですけど、誰一人共感してくれませんでした。残念。)

2.5インチなストレージばかり触ってきました、たきれんです。

 

購入報告も随分前になりました、現在のメインマシンなThinkPadx280

こいつは512GBNVMeSSDストレージというモバイルノートとしてはちょっと余裕のあるストレージを搭載しています。

 

ただ、それまで使っていたメイン機(au-000)15インチで改造可能な構造(かなり面倒だけど)だったことを利用して、240GBSSDの他に元から載っていた1TBHDDもデーター用ストレージとして一緒に載せていました。

 

ストレージの大きさだけで言えば若干スペックダウンしたわけです。

 

そこで当然ながら外付けHDDを導入するわけですけど、普通の外付けHDDは「Seagate」製を載せていることが多くてあんまり信頼性があるとは言いにくいメーカーです(ソースはGigazine)

 

ということで、玄人志向のHDDケースとWestanDigital製のHDDを組み合わせて使うことにしました。

 

HDDケース
201907072

USB3.0に対応していて、なおかつ安いというだけで決めました。

玄人志向は元々2.5インチHDDケースを愛用していて、個人的な信頼度も高かったので安心メーカーです。

 

HDD
201907071

今回はどんどん安くなりつつあるBlue4TBに。

6TBも迷ったんですけどまだ1万円を超えてくるので、7000円ちょっとで買えてしまう4TBで。

元々HDDに入れてたのも700GB程度だったので大丈夫でしょう。

 

 

HDDケースは超簡素。

201907075

素材は金属(多分アルミニウム)、凄くひんやりしてます。

一応ひっそりと玄人志向の名前が入っていますが、例のサングラスおじさんはいません。

 

201907078

HDDを向きを間違えないように挿して奥まで挿し込んだら、あとはねじ止めだけ。

 2019070710

2000円を切っていたので文句は言えませんけど、若干ねじの精度が微妙。

 

ねじを嘗めないかと心配になりましたよ…

 201907073

しっかりとねじ止め出来たら、電源ケーブル、USBケーブルを挿してPCに接続。

 

今回は理由があって3.5TB0.5TBで分けました。

 

 スクリーンショット (119)

一応速度なんですけど、USB3.0接続のおかげで本来のHDDの速度がしっかり出てると思います。

 

 

ここからは感想を。

やはり4TBという大きなストレージは、ストレージ不足を基本心配しなくていいので心強いです。

別に4K映像をばんばん撮ったりすることないですし。

 

2019070711

今は机の下に置いて、ずっと電源はONにしてるので、それを考えるとWDBlueじゃなくてRedにしといてもよかったかな、とは思いますけど、いつかデスクトップとか組むときにまた考え直すとしましょう。

 

速度は上に写真を載せた通りRead100MB/Secぐらいは出てくれるので、転送でそこまで遅さを感じることは無いですね。

 

HDDに置いてるのはたまに見る程度のデーターが多いので、それぐらいの速度が出てくれれば一応はOKなのです。

よく見るのはThinkPadに直に置いておけばいいので。

 

 

ケーブルは結構太いので取り回しに結構苦労します。

机の下の棚から上に無理やりケーブルを出しているとはいえ、全然柔らかくないせいで机の上で結構邪魔だったりします。

(まあ、個人的な問題なのですけどね…)

 

以上、外付けHDDを組んだよ(??)という話でした。

 

次外付けHDDを準備するときは、2台載せれるやつとか使ってRAID0とかにしてみたいですね。

 

SSHDとかも細かいデーターの転送速度が上がっていいかもしれません。

 

SSDも価格破壊が進んでるので、HDDである必要が無くなるなんてことも起こったりして。

 

自分みたいにSeagate製がなんか心配って人は、試してみてはいかがでしょう。

 遂に完全独立型イヤホンデビューです。

 

だいぶ前にAnkerBluetoothイヤホンが断線したって話を書いたのですが、ようやく新たなBluetoothイヤホンを買いました。

 

Amazonで激安メーカーとして有名なTaotronics製のBluetoothイヤホンです。

 

魅力はとにかくその値段、三千円ちょっとです。
(どうやら自分が買ったときはセールで安くなってたみたいで、普段は四千円ちょっとでした。)

 

個人的に大好きなメーカーのAnkerよりも全然安いです。

Ankerでもだいぶ安い方だとは思うんですけどね。

 

他にももっと安いところはあるんですけど、値段と評価数でちょうど良いところを選んだっていう感じです。

 

201906231

箱は超コンパクト。

 201906232

説明書は全部英語ですけど、イラスト主体で説明なので英語分からなくても全然わかります。

2019062315

 2019062314

ケースはめっちゃ小さい。

 2019062312

ケースを開けるとイヤホンとご対面。

 201906236

イヤホンはうどん型です。


201906238

自分はこれが初の独立型なので分からないのですが、うどん型の方が耳栓型よりも耳が疲れにくいらしいです。

 

端子はMicro-USBです。無接点充電とかももちろん「付いてません」、安いのでね。

 

 201906237

イヤホンは黒色なので「黒うどん」といったところですかね。

そういえば某元祖うどんのAirPodsに黒色の噂が出たときに「いかすみうどん」という呼び方を提唱したんですけど、全然広まりませんでした。

広まれ、「いかすみうどん」。

 

2019062311

付け心地は「まあこんなもんかな」…

独立型初めてなのでそれしか言えません、すみません。

確かに言えるのは、線有タイプと違って首に線とかは当たらないので、その点は嬉しいです。

 

では、3週間ぐらい使い倒してるので、実際に使った感想を書いていきます。

 201906235

まず、肝心の音質。

最近のBluetoothイヤホンはAACには対応してもApt-Xに対応してる率が低くて、今回のイヤホンも例外ではありません。

つまり大抵のAndroidスマートフォンで使うときはコーデックはSBCになるということです。

 

今回はXPERIA XZ2CAAC塞がれいる(はず)ので、SBCでの結果になるんですけど…
(ちょっと未確認な要素が多いので、ここの文面はあまり気にしないでください。)

 

「良くはない」感じです。

 

前回使っていたのが「Anker SoundBuds Slim+」というApt-X対応のイヤホンだったんですけど、あれよりも明らかに音質は劣ります。

201904212

 

まず、低音はそんなに強くないです。

 

イコライザ弄ってもあんまり変わらない気がする...というか、Final E1000のレビューでも書いた通り、弄ると音のバランスがぶっ壊れるので使わない方が良い気はします。

 201906155

それと、ホワイトノイズが結構聞こえる。

 

Apt-X対応イヤホンではノイズがかなり抑えられていたので、これもSBCだから乗るって感じですかね。

 

音関係ではもう一つ、遅延が結構あります。

ゲーム向きではないってことです。

 

ただ、これらはAndroidでの環境です。

iPhoneAACにしっかりと対応しているので、それでの結果は追って載せていきます。

 

バッテリーは結構持ちます。

イヤホン自体も30分使って10%ぐらい減ってる感じです。

(端末上での表示なので、実際は違う可能性はありますが…)

 2019062316

そしてケースのバッテリーも。

自称「計40時間」という触れ込みで売られているので、最初の一週間はケースを満充電してからは一度も充電せずに使ってみました。

 

どれぐらいの頻度・時間で使っているのか、ですが

・授業の休憩時間

・授業空きコマの自習室

・家に帰ってからのYoutube視聴等...

 

ってな感じです。電車通学じゃないので一番使用するであろう時間での使用が無いのは参考になりづらいかもしれませんけどね()

 

結果としては一週間は全然いけます。

ケースのバッテリーもまだ残ってる感じでした。

 

ハードに使う人でも、12日ぐらいバッテリーの充電忘れただけじゃ何も問題なさそうです。

 

 

それと独立型なので当たり前ですが、ペアリングのタイミングはケースを開け、イヤホンを取り出したタイミングです。

201906239

正確には、このイヤホンは左イヤホンを取り出したときです。

右単体は使用不可です。

 

割とすぐに繋がるので便利です。

 

最後に書くのは音質等以外の不満点。

 

まずイヤホンのタッチセンサーの効きがすこぶる悪い。

 

タッチしても全然反応しない。

しっかりと指の面全体でタッチしてやらないといけません。

 

そして右イヤホンの調子が悪い。

たまに急に右だけ音が鳴らなくなって、5秒後ぐらいに戻ってきたりします。

左は全然そんなことないんですけどね。不思議です。

 

ちなみに右だけ切れたときは、一度ケースに装着してからもう一度取り出すと再接続されます。ちょっと面倒。


それと、左だけ取り出してるときはしっかりとモノラルで出してくれてる感じです。

しっかりしてますね。

 

以上、Taotronicsの激安独立イヤホンの紹介でした。

全体的に値段相応な質でした。

 201906234

期待は禁物ってことですが、別に悪すぎる点も無い感じです。

音楽視聴をガチでするならしっかり有線イヤホン、もしくは高いけど良いBluetoothイヤホンを買いましょう、ってことですね。

 

ただ、自分の使い方としてはBGM的な感じで流しながらブログ書いたり、課題のプログラム書いたりとかが多いので、その使い方なら音質とかは十分って感じです。

 

取り合えずこれで独立型イヤホンは経験したことになるので、次はもうちょい良いBluetoothイヤホンorヘッドホンを買ってみたいところですね。

 

その前に有線ヘッドホンもちゃんとした奴買えよって気はしますけど。

(今持っているのはPioneerの安い奴)

 

これで断線の恐怖ともおさらばできたので良しとしましょう。

先日MacbookAir(2018)を修理に出したって話をしましたけど、それでは情報系の授業でMacを使うので問題が起こるって状態でした。

 

一応授業で使う環境はメイン機(ThinkPadX280)にも無理やり作ってあるので問題はさほど起きないようにしてはいました。

ただ、学科の先生が授業で問題が起きないようにと、MacbookAirを貸してくれました。

 
201906234

2012年モデルを。

 

貸していただいたスペック
201906237

CPUCorei5-3465U

・メモリ:4GB

SSD256GB

・画面サイズ:13インチ

 

201906231

流石に2018年モデルを貸出機で準備されてはいないだろうって思ってたら、想定していたよりも古めのマシンが来てビビりました。

 

(余談)憧れだったりする2012年モデル

個人的な話なんですけど、今も観てますYoutuberの「瀬戸弘司」さんが初めて買ったMacMacbookAir2012年モデルだったんですよ。

 

それもあってなんとなく欲しいモデルだったりします。(余談おわり)

 

 201906232

元々修理前にTimeMachineを取っておいたので、それを使って元の環境を全部焼き直しておきました。

そこで若干躓くことがあったので、それはまた別の機会で書きます。

 

これを書いてる時点ではMacBookAir2018が手元にないので感覚的な話になりますけど、ボディのアルミニウムは若干荒い気がします。
201906235

2018年モデルはつるつる&すべすべとすると、2012年モデルはさら&すべ、みたいな。

あまりにぼんやりしすぎてて伝わりませんね。

2018年の方が研磨が細かいきがする、という話です。

 

・メモリ4GBMojaveには厳しい

上に書いた通りスペックがメモリが4GBなんですけども、これで最新OSは若干きついなと。

解像度もRetinaじゃないので負荷はまだマシかもしれませんけど、それでも常にメモリはスワップさせてる感じです。

 

自分はchromeのタブも結構な数開きっぱなしにする人なので、余計にメモリが足りません。大抵使い切ってます。

 

SSDも遅い

これはSATA3.0接続とPCIe接続のSSD違いを見せつけられただけですけど、やはりどちらもHDDよりも早いとはいえ、二つの規格の差は歴然です。もうSATAには戻れない()

 

ThinkPadNVMeSSDなので速さに完全に慣れちゃった感あります。

 

Retinaが恋しい
201906238
左:2018年モデル

右:2012年モデル

Retina
に慣れてからの非Retinaなので、わがままではありますけどやっぱり粗く感じます。

FHDは当たり前、なこの時代ですし、仕方ないかもしれませんね。

 

・ファンが思いのほかうるさい

2018年モデルはファンの音が聞こえたことがないんですよ。

そもそも重い処理を全然させていないので余計にですけど。

 

ただ2012年モデルは結構ファンがうるさいです。すぐにフル回転します。

 

OSも新しくなって重くなりつつあるのも原因かもしれませんね。

 

USBはやっぱりAが心強い

201906236

先に言っておきますが自分はtype-Cは嫌いではないです。

使うときはアダプター使えばいいやん、ぐらいにしか思ってません。

 

それでも、やはりtype-Aのコネクタがあるのは心強いですね。

挿したい時にすぐに使える、便利です。

 

Magsafeからtype-Cへの変更

MB2015年モデルが出た時にMagsafeの排除で色々言われてましたけど、自分が使った限りでは「type-Cの方が便利」と思いました。
201906239

これはUSB-PD対応の小型アダプターを持ってることも大きな要因の一つではありますけど、Magsafeのアダプターはとにかくでかい。

 

そして、磁石でくっついてるだけ、という安心感よりもその不満が圧倒的に上回った、というだけです。

 

そもそも、ケーブルに足をひっかけるような場所に置いて使わないので。

 

利点をひとつあげるなら、満タンになった時にコネクタでわかるのは良かったと思います。

 

そんな感じでMacbookAir2012年モデルの紹介でした。

 

201906233

結論をまとめると「2018年モデルが恋しい」それだけです。

やはり新しいものはそれだけ良いという風に感じましたね。

 

貸し出されたのが11インチモデルならもうちょい感じ方も変わったかもしれないですけど、13インチの方が利便性は高いですね。大画面は正義()

 

使ってるうちにMacのサブ機が欲しいな、なんて思ったのは内緒です。

Winなら一応二台...一台XPなので実質一台...サブ機が一応あるんですけど、Macも一つ追加であったら便利かなー、なんちゃって。

 

その時は11インチですかね、買えないですけど。

 

 

以上、二週間のMacbookAir(Mid2012)生活でした。

さらば2012年モデル!!

XPERIA XZ2Compactに買い替えてはや1か月近く。

 

このままいくと、XPERIA最後のハイエンドコンパクトモデルになりそうな感じですよね。

 201906056

せっかく買ったXZ2C、二週間使って良いところ、悪いところが見えてきた気がするのでレビューを書こうと思います。

 

・ホールド感は抜群
2019062117

背面の湾曲のおかげで、端末の掴みやすさは最高です。

自分の手はわりと小さい方なので、大画面好きだけど持ちやすさは小さいスマホという悲しい状況です。

 

・指紋センサー

XZ2だと真ん中すぎて絶対置きづらいですけど、compactはカメラのすぐ下なので、指がかなり起きやすいです。

 201906217

感度も良いですし、デザイン的には背面は微妙ですけど、使いやすさはよくなってると思います。

 
・やっぱり小さすぎる
201906212
左からiPhoneSE、XZ2C、XZsです。小さいね。

201906214
上はSummerPocketsのOPを表示してる様子ですけど、16:9表示だと小ささが出てきます。
201906213
ちなみにYoutubeはディスプレイ比率に合わせて拡大できるようにもなってるんですけど、それだとXZsと縦の長さは同じになります。

・動作はかなり軽快

アプリの数とか、環境はほとんど前のXZsと同じ状態になっているんですけど、動作は明らかに軽快です。

 2019062113
2019062114

理由はSoCの性能が2倍近くになったっていうのもありますけど、それ以上にストレージの高速化がかなり効いてると思います。

 2019062111
2019062112

内臓ストレージで言えば、速度差は約5倍です。UFS2.0スゴイ!

もうSATA3.0接続のSSDの速度を超えてきちゃってます。

 

RAMの速度になると3,4倍に高速化。

 

メモリまわりの高速化が、CPUに大して関係しない処理において大きく影響しているのでしょう。

 

・相変わらずなカメラ

カメラ周りがほんとダメです。

 まず、結構な頻度で固まります。


201906216
(↑鴎の特典タペを撮ったらこうなったんで、肌色がやたらと多い)
ちなみにこの感じで完全に固まります。

端末も全然暑くなっていないというのに...


さらにあり得ないぐらい歪みます。

歪み補正かけててもびっくりするぐらい歪みます。

 

風景を撮る分には問題はあんまりないんですけど、なにか物体を撮るときには如何なものかな...って感じです。

 201906211

それとカメラのシステムが大きな欠陥を持ってるとしか思えないレベルで落ちます。

 2019062116

端末丸ごと持っていきやがります。

アプデで改善される可能性は十分にありますからね。

 

WiFiの感度もよろしくない

わずかな期待は全て壊されました。

XZsに続き、またまたWiFiの感度がよろしくない。

 

正確には5Ghz帯の掴みがとにかく悪い。

一階上に上がるだけでこうなるとは...というかXZsから何にも進化していないのが驚きです。

ただ、この問題は中継器を買うことで一応解決できるはず。

 

とりあえず、改善されてなかったよ...というわけです。

 
これはWiFiのチャンネルの干渉を自動的に避ける設定をすると一応解決しました。
特定のチャンネルになると全く繋がらなくなったりなど、色々欠点はありますけど、一応は電波の混線や干渉にめっぽう弱いってことだと思います。

XPERIA 1は良くなっているといいですね。

 

・やっぱりほんのり熱い

Snapdragon845もやっぱり結構熱いですね。

XZsよりは全然ですけど、ネットサーフィンしてるだけですぐに暖かくなるのは「うーん…」って感じはします。

 

ただ、熱くなるとは言っても、上に書いた通り動作は十分快適です。

若干クロックダウンされても快適なぐらい、SoCとかのスペックは余裕があるみたいですね。

 

・意外と困るイヤホンジャック廃止

買ったときにBluetoothイヤホンぶっ壊れてたのでかなり困りましたね。

 201906218
イヤホンジャック無いの、実際使ってるとすこーし使いづらいですね。

まず、付属品のC-to-3.5mmが太い&固くて取り回しがし辛い。

今有線で使っているE1000というイヤホンが、プラグがL字なこともあって、余計使いづらかったです。

あ、過去形ってことは新たなイヤホンが届いたってことです()

 

・液晶が彩度高め

色合いがXZsが薄かったのか、それとも…

201906215

動画とか見てると、赤色がやたらと濃い色で少し違和感を感じましたが、しっかりした色域を出せるマシンがMacbookAirしかないので、それと比べるとなんだか濃い気がする、ということです。

 

 

以上、今更感満載なXZ2Compactのレビューでした。

 

XPERIAとしては最後のハイエンドコンパクトモデルになりそうなので、これから需要が少し高まりそうなスマホではありますけど、今回は1万ちょっとで買えたからまだいいですけど、これを定価で買ってたらまあ満足はできなかったでしょうね。

 

 

ただ、小型なのでホールド感についてはこの上ないと思っています。

これをちょっとした条件付き(1年以上の継続使用)1万円で買えたのはかなり良かったと思います。

 

これからは中々手に入れづらそうな端末になりそうですけど、しばらくメイン機として愛用していこうと思います。

 

このページのトップヘ